花の山
 秋田駒ケ岳ようこそ

花の種類 およそ300種といわれる花の楽園 秋田駒ケ岳。
ビルケ父ちゃん、母ちゃんに友達やお客さまの撮った写真を
更新していきます。


ギャラリー

タカネスミレ

焼け森に咲くタカネスミレ
中央の山は主峰男女岳
(おなめだけ)

コマクサ

大焼砂(おおやけすな)に咲く、
高山植物の女王 コマクサ
中央に田沢湖、右は女岳(めだけ)

オノエラン

横岳から大焼砂へ向かう、木のトンネルをくぐった先にひっそりと咲くオノエラン

ヒナザクラ

本当にめんこい姿のヒナザクラ。
機会があったら匂いをかいでみてください。なんと妖艶な香りがします


informationお知らせ

7月7日 
   コマクサを見に行かなくては! と言うことで、交通規制のかかる前(朝5:30)にゲートを通過し
   秋田駒の八合目駐車場へ到着。なんとこの時刻にもかかわらず、駐車場はほぼ満車。
   今日は県外ナンバーの車の中に秋田ナンバーの車がちらほら。
   バスも臨時便運行ということで、登山客の多さもわかりました。
   そのたくさんの登山客の中に、台湾の4人家族(お子さんは10歳と6歳)もいらっしゃいました。
   登山道にわずかに残る雪でお父さんも子供たちも大興奮。雪を顔につけたり頭に乗せたり、雪玉なげたり。
   めんこいねぇ。一路平安(イールーピンアン)お気をつけて 楽しいご旅行を!!
  

profile

秋田駒の登山道近くの宿
 ヒュッテ ビルケ
 
 朝食の時刻もお客様の
 ご希望に添うようにして
 います。


秋田駒ケ岳の裾野
(登山道ゲートまで車5分)

TEL.0187-46-2833

↓ 下の方には 2017年登山バスの時刻表 を載せています。
                     










✿ 2017年 秋田駒ケ岳の花

7月7日
    シャクナゲコースから 焼森 横岳 大焼砂 馬場の小路 にいってきました。
アカモノ  もうわずかしか残っていません   シャクナゲコースのシャクナゲが咲き始めました

 
赤倉沢源流部のシラネアオイも
あとわずか
 ベニバナイチゴ  本州南限のエゾツツジ
 ひときわ目立つ 華やかなピンク色
コミヤマハンショウヅル
あちこちで咲いています

  焼森で咲いている        タカネスミレ     コマクサ      イワブクロ

 大焼砂のコマクサ   とにかく ピンクの絨毯が敷き詰められているような コマクサの大群落です


馬場の小路の入り口手前で咲く
ベニサラサドウダン
馬場の小路にはいったとたん、だれもが「わぁ きれい!」と声をだす。
ヒナザクラ、コイワカガミ、チングルマ、ヒナザクラが登山者をおでむかえ。
去年は咲いていたトキソウはみつけられませんでしたが。

ヒナザクラ アオノツガザクラ コイワカガミ

馬場の小路では 雪解け間もないところでは チングルマはまだ茶色でこれからのところもありますが
多くのところで わぁっと一斉に咲き出したような、それはそれは見事ですよ。
ここの花を愛でながら 早めの昼食。わずかの残った雪の中に飲み物を冷やしている人もいます。
「ここで冷やしたビールをグビッと飲んだら、本当に天国になってしまうなぁ、」とビルケ父ちゃん。
「おなかいっぱい食べてしまうと男岳分岐までの急登が地獄になってしまうなぁ。」とビルケ母ちゃん。

阿弥陀池手前でヨツバシオガマが咲き出しました   ウラジロヨウラク  ゴゼンタチバナ

   
ハクサンボウフウ  ムシトリスミレ サンカヨウ  ミヤマキンバイ(小)と
ミヤマダイコンソウ(大)
 ミヤマウスユキソウ

 クマ出没注意の看板が!!

 お客様が一週間前に馬場の小路でクマを目撃。
 鈴を鳴らしながら 登山しました。

 大焼砂で 策をこえて前に進んでいった足跡を発見。
 でも これは コマクサの写真を撮ろうと 踏み込んでいった人の
 足跡でした。
 柵の外へは出ないようご注意下さい。




6月14日
    新道 ー 阿弥陀池 ー 男女岳 ー 横岳 ー 焼森 ー シャクナゲコース
         わずか一週間で たくさんの花が咲き出しました。
雪解けがすすみ、登山道脇に咲く
ショウジョウバカマが登山者をお出迎え
ベニバナイチゴが咲き出しました 若いお兄さんたち3人組
写真撮影のため一人が雪渓を
下り始めました。
「危ないからその辺で!」の
仲間の一人の声    
「んだ! 危ないことしないで!」
と私の心の声

 
オオバキスミレとミヤマスミレ     キバナノコマノツメ      ミツバオウレン   ミヤマカタバミ

    コイワカガミ   コメバツガザクラ   ミヤマキンバイ越しに田沢湖

 毎年書きますが ヒナザクラにであったら  その 妖艶な香りも楽しんで下さい

阿弥陀池から 男女岳山頂までは15分かかりません。丸太で作られた階段をのぼって頂上へ。
今日は見ることができませんでしたが、ここから 男岳と馬の背の間から鳥海山が見えることもあります。
     男岳の右手に田沢湖       男岳山頂 横岳に登ります。ここのシラネアオイも見事です
左手に乳頭山、中央に笊森山、右手に岩手山
ミナザクラの向こうに見える、この雪道を下ってシャクナゲコースへ向かう事ができます。
この時期だけのルートです。
赤倉沢源流部で雪がすくなくなったら危険なのでご注意下さい。

稜線に出て 女岳 田沢湖 トトロ岩を望む 花の接写はこのちっちゃいデジカメで
十分だね。奥に見える小岳がめんこい
この時撮ったチングルマはこれ
「お見せできる代物でなかった。」とがっくり
でも、しっかりここにアップしました。

焼森への稜線には チングルマが花ざかり ミネズオウも波打つように岩の上で咲き誇っています ミネズオウは
白い星形のめんこい花

焼森山で 花芽が顔をだしたコマクサ   焼森山(やけもりやま)山頂 タカネスミレも咲き始めました

雪渓であったおじさまに「コバイケイソウも咲いてましたね」と
話したら
「あんだ、サンカヨウと間違えてるよ。コバイケイソウは夏の花!」と
おっしゃるので携帯の写真をみせたら
「おかしいな」とすたすた雪の階段を登っていってしまいました。
論より証拠
今回  焼森の山道わきにツバメオモトが咲いているのを
見ました。
シャクナゲコースの笹やぶで咲いているのはよくみますが
こんな場所にも!!と驚きました。
(知らなかったのはわたしだけかもしれませんが)
毎年同じ場所に咲く花。種が風や鳥に運ばれ新天地で咲く花。
自然の高山植物園の秋田駒、いつ来ても感激してしまいます。

八合目の水場でペットボトル12本に水を汲んで下山。
来週も時間を作って 秋田駒ヶ岳を楽しみたいのですが・・・・・・・。どうなるかな。

☆6月6日
 すかっとはれたました。手前の登山案内の看板が新しい。
飲み物とおやつとお弁当がリュックに入っているか確認し
さあ 出発!!
8時30分頃  8合目の駐車場は混んできました。
でも例年よりは車の台数が少なめかな。
県外ナンバーの車もちらほら。


ショウジョウバカマ
いたる所で 咲いています
ほんのり香るミネザクラ。
雪道も整備されているので ゆっくり歩けば大丈夫です。
交差は大変なので 向こう側の人と目と目で合図?
「お先にどうぞ、急がなくてもいいですよ。」
 赤土の広場越しに 乳頭山 日当たりの良い場所ではミヤマキンバイが 咲き誇っています。
田沢湖も 鏡にのように湖面に山々が映し出され 思わず生保内節
「♪ 前に田沢湖を鏡において 雪で化粧する駒ヶ岳」

 可憐な花々も登山者を歓迎してくれています。
       
 イワテハタザオ  ヒメイチゲ  ピントがあっていない
コヨウラクツツジ
 ミヤマスミレ

さあ、男岳に向かって登山。
右下の人のリュックの中身はおやつだけ。
ポーター(父ちゃん)が同行しているので 
お姫様登山できました。
岩場にはびっしりとコマバツガザクラ 可憐なコマバツガザクラ

     
 蕾が顔を立ち上げたコイワカガミ。
今日はその名の通り、葉っぱがぴかぴか光って鏡のようでしたよ。
 咲き始めたミヤマダイコンソウ  男岳山頂付近のシラネアオイ

     
 男岳山頂から鳥海山を望む  阿弥陀池の向こうには岩手山  チングルマの楽園の馬場の小路はびっしりと雪

蛇足ではありますが、

ウォーキングの励みとなるよう
ポケモンゴーを”六十の手習い”でやっています。
阿弥陀へ向かう道すがら ヒメグマが出現。
この場所にピッタリすぎて大笑い!!
 
男女岳、男岳、横岳がそれぞれポケスポットに。
男岳の写真がとてもきれいなのでここに載せました。
ちゃんと 標高1623m となっています。

次回の登山では このほかのスポットで使われている写真を
見てみようと思います。



   2015年7月14日
秋田駒を下山した田中さんと。

トップページへ



 マイカー規制日(登山バス 運行日)
      ただし 8合目駐車場に空きがあり、登山道入口のゲートを5時半まえに通行する場合は マイカーで行くことができます。
          下山の際は バスの後ろをついて下りてください。
たざわ湖スキー場 カモシカ駐車場へはバスはいきません。
車はアルパこまくさへお停めください。

 バス時刻表   2017年の時刻表 


  バス代 (片道)  田沢湖駅   ~8合目 1,030円
            田沢湖畔   ~8合目  940円
            アルパこまくさ~8合目  620円

田沢湖
駅前発
アルパ
こまくさ
高原温泉 駒ケ岳
8合目着

駒ケ岳
8合目発
高原温泉 アルパ
こまくさ
田沢湖
駅前着
5:30 6:01 6:03 6:26
6:30 6:53 6:55
6:00 6:31 6:33 6:56
7:05 7:28 7:30
7:40 8:03 8:05
6:33 7:07 7:09 7:32
8:15 8:38 8:40

7:42 7:44 8:07
8:50 9:13 9:15 9:49

8:17 8:19 8:42
9:25 9:48 9:50
8:15 8:49 8:51 9:14
10:00 10:23 10:25 10:59

9:27 9:29 9:52
10:40 11:03 11:05

10:02 10:04 10:27
11:15 11:38 11:40
10:05 10:39 10:41 11:04
11:50 12:13 12:15 12:49

11:17 11:19 11:42
12:55 13:18 13:20

12:22 12:24 12:47
13:30 13:53 13:55
12:20 12:52 12:54 13:19
14:05 14:28 14:30 15:04

13:32 13:34 13:57
14:40 15:03 15:05
13:30 14:04 14:06 14:29
15:15 15:38 15:40

14:42 14:44 15:07
15:50 16:13 16:15

15:17 15:19 15:42
15:50 16:13 16:15 16:49

15:52 15:54 16:17
16:25 16:48 16:50 17:24

16:27 16:29 16:52
17:00 17:23 17:25 17:59
 ☆ピンクの時刻のバスは10月の土日祝は運休    ☆黄色(きいろ)の時刻のバスは10月の土日祝に運行
田沢湖駅発のバスは ビルケすぐそばのバス停のたざわ湖スキー場前 にも停まります。
アルパコマクサの5分前の時刻です。

☆バスの運行日  (ご注意ください!)
   6月3・4・10・11・17・18・21~30日
   7月1~31日
   8月1~20日 26・27日
   9月2・3・9・10・16・17・18・23・24・30日
  10月1・7・8・9・14・15・21・22・28・29日
      
      

トップページへ