角ナビでは、いつかは角館を訪れたい方、一度角館を訪れ、また訪れたい方、できれば今のまま角館が変わってほしくないと思っている方、桜の開花情報や地域情報など知りたい方などへメール送信しています。その名も角館応援団です。
角館応援団のメール送信希望の方はこちらkigata@hana.or.jpメールアドレスと角館応援団入団希望と書きお知らせ下さい。
角ナビからの送信は不定期で季節毎に数回となっています。メールアドレスを他に漏らす事は一切ありませんのでご安心下さい。
また受信お断りの時は次号から送信致しません
角館応援団メール一部履歴 平成17年(2005年) 


  トップページに戻る


1月1日(元旦)

角館は年末の22日から雪が降り始め、元旦は雪景色になりました。
皆様の所はどんなお正月をお迎えでしょうか。
毎年の事ながらJR全線1日乗り放題切符の観光客が、今日も訪れる事と 思います。
そのため、かくのだて歴史案内人による武家屋敷「岩橋家」での 冬語りもお客さんが集まり次第、何回も行われる事と思います。
1昨日のテレビで角館の年間観光客数が昨年より20万人少ない230万人 となったそうです。今年はどんな年になるのでしょうか。
皆様にとって、良い年になられます様に祈っております。
不定期ながら皆様へ季節の話題を今年も発信致しますので本年もよろしく お願い申し上げます。画像は年賀状です。

 


1月12日

年末には雪が少なく暖冬かと思われましたがここ数日、雪も降りっぱなしで添付 画像の様に1メートル位積もってしまいました。
幸いな事に湿った雪でありませんので重みはさほどではないと思いますが週末に は雪降ろしの日となるかも知れません。
11日角館町議会に置きまして、合併協議会から離脱する事が決議されました。
実情は、角館の名前は無くなり、総合庁舎も田沢湖町に決定され、角館町長が先人達 が長年蓄積された歴史をここで捨てる事はできないと議会に採択を求めました。

議会 は10対7で離脱に賛成した人が多かったので、単独立町となり「角館」の名前は残 る事となりました。
しかし、町財政は厳しい事はまちがいなく今後の対応が懸念され ます。

 


2月3日

ここ数日、雪も降りっぱなしで114センチの積雪となっています。
今朝はやっと雪も止み、空が明るくなって来ました。 季節の早どりで武家屋敷「石黒家」ではお雛様が飾られました。
添付画像 官女の雛人形は今回リフォームされ初お見えですので皆さん もご覧になってははいかがでしょうか。気品の高い雛に仕上がりました。

 


2月11日

2月13日〜14日の角館の小正月行事の「火振りかまくら」が近づいて参りました。
準備の方も少しづつ進んで、武家屋敷通りにも雪灯籠が作りはじめました。 今年は表町に添付画像の雪灯籠が配置されます。
先般、配信しました角館町の単独立町になるとの件ですが、最終決定権のある町議会において、(2月10日)合併推進する議員が多くなり、単独立町は否決されました。
この後は、町長が辞職して選挙となるかはまだ不透明です。混乱の角館になってしまいました。

 


3月16日

3月も中旬だというのに角館はいっこうに雪解けが進みません。
それでも青空が見えてくれば、春近しと思うのですがそれを打ち消す様にまた雪が降ってきます。
そんな中でも、添付画像のように、町文化財桜係の黒坂樹医さんが車に 乗り枝垂れ桜の枝の剪定の作業をしています。
桜が咲く頃はこの木も見事に咲く事でしよう。
皆様も気になっている角館町合併は、3月13日の町長選挙にて合併派の 石黒町長さんが生まれました。将来を見込んでお隣の田沢湖町と西木村と の合併に向けて動きだしております。
合併になって町の名称が変わっても秋田県の「角館」として今後も元気に 情報を発信続けますので今後もご支援をお願い致します。


3月30日

3月末だというのに角館は粉雪が舞っていて寒い朝になっています。
昨日、角館町、田沢湖町、西木村で議会が開かれ9月20日に「仙北市」 設置を盛り込んだ廃置分合案や議会議員計56人が来年4月30日まで新 市の議員として在任する特例案など可決し、明日県に合併申請する事にな りました。
合併になって町の名称が「仙北市角館」に変るだけで、角館駅がなくなる わけでもないし、秋田県の「角館」として今後も元気に情報を発信続けま すので今後もご支援をお願い致します。
今後、角館の「行く道」など皆さんの御意見があればお聞かせ下さい。


4月8日

東京では桜が満開との事ですがこちら角館も雪解けが続いています。
しかし例年よりは遅く田圃はまだ白一色となっています。 角館町では、桜の開花情報を発表しました。
枝垂れ桜は22日、染井吉野桜が26日を開花日となっています。 気温によりますが満開は3日後位でしょうか。
添付画像の通り、日陰はまだ残雪が残っております。


4月15日

明日から5月5日まで角館の桜まつりが開催されます。
秋田県で一番先に咲く象潟町の早咲き桜が開花したそうです。 こちら角館の隣、田沢湖町刺巻で水芭蕉が咲き出しました。
昨年の発信情報と比較しますと約10日遅れになっています。


4月25日

桜の開花が予想より遅れております。
昨日秋田市で開花がありましたので数日後に角館でも開花となると思います。 角館樺細工伝承館前の駐車場が庭園に変わりました。
添付画像は一部ですので、機会がありましたら見学して下さい。


4月28日

やっと早咲き桜の開花がありました。
週末には枝垂れ桜も開花となると思います。 今年の桜の満開時期はゴールデンウイークになりそうです。
添付画像は下新町 安藤家の早咲き桜で開花の目安にもなっています。


5月2日

5月1日に大望の桜が満開になりました。
大雪で残雪が多かったせいか桜の開花も遅れ、木の方も待切れなかった のか、今年は枝垂れ桜も染井吉野桜もほぼ一緒に咲いてしまいました。
例年であれば数日ずれて開花があるのですが、日陰に残雪がある中での 満開ですので今冬の雪の多さが思い出されます。
添付画像は2キロも続く染井吉野桜の桧木内川堤と武家屋敷通りの枝垂れ桜です。


5月19日

桜まつりの時期も過ぎ、角館は普段と変わり無い生活になっています。
気温も過ごし易い高温になり、枝垂れ桜も青葉が繁り始め、しっとり とした景色に変わっています。青葉の中に岩橋家にはピンクの花が目
立っています。この景色を見られるのは地元の人達だけの幸せな時間です。
山々の雪解けと同時に山菜の初物が出始めこちらも、角館に住んでいる いられる事に感謝しています。


5月29日

5月も月末になり、角館も澄みきった青空が広がっています。
6月〜7月中旬頃まで一番過ごし易い季節です。 今はツツジが満開になっており、人々の目を楽しませてくれてます。
2日前の27日、ラジオで全国に角館の紹介番組がありました。 NHKラジオが放送開始80周年とかで、80(はちまる)号の2トン
トラックで全国を廻っているそうです。
秋田県は大曲、角館、男鹿の放送地でこれから青森、北海道を1周 してから岩手県、宮城県の大平洋側に行くそうです。
平日の12時半からの生中継になっていますので、車やラジオ好きな 方はダイヤルを合わせて聞いてみてはいかがでしょうか。
角館からは角館歴史案内人、角館おいしいよ「結い」の会、角館フイ ルムコミッションが出演致しました。
角ナビでは下の携帯サイトを先日立ち上げました。
サイトのウリは角館駅に降りて、武家屋敷通りまで携帯電話を見ながら 迷わずに道案内ができるよに工夫しています。
パソコンでも、ご覧になれますのでチェックして下さい。
こうした方が良いとかご意見も頂ければ幸いです。携帯サイトはこちらからwww.senbokushi.com



7月12日

月日も7月になり、北国の角館も梅雨空になっています。
町内では角館のまつり行事、曳山や大置山の人形外題も 決まり始めました。
そんな中、宣伝用の2分の1の大きさの祭り人形が横手市 のふるさと村に飾られました。
8月10日には角館駅に移され、祭りの前触れの役目をは たします。


8月11日

月日も旧盆も近づいて参りました。
連日30度を超える真夏日が続き、苦しい生活でしたが数日前に大望の雨が 降り、少し涼しくなった気がします。それでも今日の最高予想気温は33度 になっています。
9月20日の仙北市発足を前に市章が決定されました。仙北市のSをデザイン 化し赤青緑の3色の組合せで新市の躍動をイメージしたものだそうです。
旧盆の15日は恒例のささら舞の競演などが計画されています。

残暑も厳しい折、皆様お体を大切にして下さい。


8月22日

8月も下旬になり、9月7日から始まる角館の祭りの準備も少し づつ進んでおります。人形作りの方も顔の部が出来上がり、胴体
との合体もここ数日でできあがります。
今年の人形外題
北部〜義経千本桜堀川館 山根〜奇襲桶狭間 東部〜加羅先代萩  桜美町〜里見八犬伝 駅前〜吉例 曽我の対面 上新町〜暫 
下岩瀬町〜鎌髭 横町〜みちのく戦記 駅通り〜義経千本桜吉野山  大塚〜二天武勇伝 伊賀の決闘 川原町〜山崎天王山の場
中央通り〜関ヶ原の戦い 島津中央突破 本町通り〜大江山酒呑童子  岩瀬〜矢の根 西部〜「義経記」運命の出合い 西勝楽町〜鳴神 
菅沢〜布引瀧 悪源太 七日町〜奥州安達ケ原 環宮明御殿の場



8月29日

角館の祭りも近づき、各町内では曳山作りが進んでおります。
神明社、薬師堂にも大置山が作ら、町は祭りバージョンに変わって来ました。
観光用激突をお知らせします。
観光激突
9月8日
18:30 横町 十字路付近  西部対横町
18:30 横町 伏見屋付近  菅沢対上新町
19:00 東勝楽丁 北部丁内張番付近  北部対岩瀬
20:00 岩瀬町 立町十字路付近  中央対本町
20:00 下中町 角館温泉付近   東部対大塚
20:30 岩瀬町 エレホーム角電付近  駅通り対川原町
9月9日 12時 薬師堂前 西勝楽町対七日町


9月9日

朝から快晴になっていて祭りの最終日として嬉しい限りです。8日夜10時半頃、山根と中央通りが激突がありました。山根が駅方向に大横丁を出ようと居た所、前を神明社方向に中央通りが通過した為、山根が鼻を切られたと判断し、中央の後ろから10回位ぶっつけました。曳山を上げる事もないぶっつけだけの本番でしたが前担木の担木隠しもはずす余裕もない出来事です。
今年の祭りの9日は金曜日の週末になっていますので皆様おいで下さい。


9月20日

角館の祭りも終わり、稲穂もたわわに実っており、稲刈りもまもなく始まる 事でしょう。
16日に角館町合併50周年記念並びに角館町閉町式がありました。
今日20から角館町西木村田沢湖町が合併し「仙北市」と発足致します。
住所は仙北郡が仙北市に変わるだけです。秋田県仙北市角館町雲然荒屋敷に なり字(あざ)がなくなりました。


9月25日

角館はこのごろ、空も高く見え秋空が広がっています。
昨日も天気が良く、毎年行われている角館から鷹巣までの走り続ける100 キロマラソンの受付け、開会式と前夜祭がありました。
予想では今日も晴れのマークでしたが、台風の影響か雨降りになってしまい ました。添付画像は朝5時スタートの模様です。
選手の皆さんはビニール袋をかぶり、走り始めました。経験者のお話しですと ビニール袋と体がすれ、傷だらけになるそうです。
鷹巣のゴール閉鎖は午後の6時で、13時間の競技ですので雨があがれば良いですね。


10月21日

角館は山の方がら紅葉の便りが聞こえてまいりました。
里では稲刈りも終わり、新米が出回っています。
気温も下がり、雨降りの日など少し暖房を入れ時もあります。
その反面、暖かい鍋物の美味しくなり、まいたけ入りの新米で作った秋田名物 の「きりたんぽ」やいものこ入りの「なべっこ」も盛りになっています。
明日23日に角館、田沢湖、西木が合併し、新市「仙北市」の初代市長選挙 が告示されます。角館からは石黒直次氏(角館町長)、田沢湖からは佐藤善昭氏 (田沢湖町観光課長)西木からは田代千代志氏(西木村長)が立候補する予定です。
30日には初代市長が生まれます。
添付画像はもう少しで紅葉が始まる現在の武家屋敷通りです。


10月31日


昨日、角館、田沢湖、西木が合併した仙北市の市長選挙があり、初代市長に 旧角館町長の石黒直次氏が選ばれました。
3町村から1人づつ立候補しての選挙でしたが合併推進した石黒氏が9827票 佐藤善昭(田沢湖町)7417票 田代千代志(西木村)5431票でした。
各地区とも感心が高く、投票率も83、92パーセントでした?石黒初代市長は3町村の融和と行政改革、商工業、農林業の振興に力を注ぎたい との事です。


11月21日

角館は17日に雪が積もり冬到来と思いましたが、まだ紅葉の季節になっています。
銀杏の葉は落ち、もみじが真っ赤に染まり、黒塀とのコントラストが良く見ごたえ があります。
12月1日からは歴史案内人による武家屋敷「岩橋家」で「冬語り」が始まります。
日程は下のアドレスに掲載していますのでぜへお出で下さい。
語り手の案内人も練習が始まり、栗や炭、漬物の準備も整え、皆さんをお待ちして おります。


12月25日
角館は記録的な大雪で添付画像の様に積もっています。
12月の積雪量としては秋田市で88年ぶりの大雪だそうです。
連日降り続く雪に市民も雪寄せでせっかくのクリスマスイブも クルシミマスの心境です。
このまま年越しを迎えるのでしょうか。


  トップページに戻る