石黒家 角館町指定文化財(公開中)300円

 石黒家は佐竹北家の用人を勤めた家柄で、嘉永6年(1853年)に現在地に移転しました。薬医門には、文化6年(1809年)の矢板があり、門を入ると起こり破風に懸魚のついた正面玄関と脇玄関があります。主屋は萱葺き屋根で庭には築山、巨石、樅の大木、東屋があり、武家の格式を示しながら簡素なたたずまいを呈しています。道路面にはのぞき窓を付けた黒板塀がめぐり、現存する武家屋敷の中でも最も格式が高く古い屋敷です現在の当主は12代、石黒直次(いしぐろなおつぎ)氏になっています。


めでたい亀の飾り欄間 明りを利用して隣部屋の壁に影絵が写ります。


秋田蘭画で有名な小田野直武が挿し絵を筆で描いた解体新書も展示しています。


蔵を利用した展示室には刀剣なども展示しております。


車でおいでになる方は伝承館通り近くの桜並木前に駐車場があります。


角館までの地図はYAHOOページのこちらから

トップページへ